犬

ドッグフードの種類・材料別

ドッグフードには様々な材料が使われています。
ドッグフードを販売するときには、必ず使っているもの(部位など)を
表記しなければならないと決められていません。
ドッグフードは「食品」ではないからです。

しかし現在の日本ではペットフード業界の自主的なルールのようなものがあり、
必ず明記されているわけではありませんが、多くのペットフードには原材料などが
パッケージに記載されているものがほとんどです。

また、2009年6月からペットフード安全法によりこの原材料の表示が義務付けられていますが、
この表示項目はフードの名称、賞味期限、原産国名、原材料名、事業者名と所在地のみとなっており、
どのような材料をどのくらい使っているかまでの明記はされていないのが現実です。

更には肉の部位なども明記はされていないので、どのようなものが混入されているのかというところまで、
詳しく知ることはできないのが現状です。
4Dと呼ばれる死掛けの動物の肉などが使われている場合も少なくありません。

パッケージから知ることが出来る原材料の明記の中の分類は、
穀物類・でんぷん類・肉類・魚介類・ビタミンなどです。
そして、さらに細かく言えば、その肉の種類がなんなのかを明記してあります。
まぐろや牛・鳥・フィッシュエキスやチキンミールなどと表記されていることが多いです。

アレルギーを持っている犬にドッグフードを与える場合には、この表記の中で
どの材料に対してのアレルギーが出るのかを見極めて、ドッグフードを購入する必要性があります。

最近では鶏肉などにアレルギー反応を起こす犬も多いので、アレルギー対応のドッグフードとして
鳥や牛以外にも、カンガルーや馬肉を使用しているドッグフードも販売されています。
穀物類を一切使わないドッグフードなども販売されています。

愛犬の健康・体調に合ったドッグフードを探してあげることは飼い主の役割です。
どのような原材料を使用して製造されているのかをきちんと理解し、
栄養成分などもきちんと表示されているドッグフードを選んであげることが大切です。