犬

ドッグフードの種類・国産or外国産

ドッグフードには日本国内で作られている国産のものと、
諸外国で作られている外国産のものがあります。
国産のものは値段的にも高く、外国産のものは比較的安く販売されているものが多いです。
また、同じドッグフードの名前でも、国産のものと外国産のものがあるメーカーもあります。

外国産のドッグフード(輸入品)が悪いのか?というと、一概にそうとは言えないと思います。
が、数年前にアメリカや中国で問題のあるドッグフードが販売され、
そのドッグフードを食べた動物が死亡したというケースがあります。

現在の日本企業が製造しているドッグフードでは、そのような問題が出たことはありませんので、
そう考えると国産のドッグフードのほうが安心して与えることが出来ると思われます。

しかし、国産のドッグフードでも、値段の安いものを購入した場合には、
着色料や保存料などをふんだんに使用しているドッグフードも多いのが現実的な問題です。

外国産のペットフードは問題が出てしまったこともありますが、
ヨーロッパやアメリカ・カナダなどのドッグフード日本よりも長い歴史があること。
ペットフードも人間に与える食品と同様に法律などによっていろいろな規制があるため、
外国製品のほうが中身に含まれている原材料が、いいものを使用しているということもあります。
もし、外国製品を購入するときは正規輸入品http://xn--qckubrc3d4m.tk/import.htmlのものを選ぶようにしましょう。内容にも保障がありますので、他の外国製品より安心です。

また、国産のドッグフードとして販売はしていても、原材料が外国のものということもあります。
国内で生産されていない原材料を使っていても、日本国内で製造していれば、日本国産となるわけです。
出来上がったものを外国から輸入して、パッケージングだけ日本でしているものもあるのが現実です。

どちらのドッグフードを愛犬に与えるのかというのは、
最終的には飼い主さんの判断ということになりますし、
外国産だからいけない、国内産だからいけないというのは特に決まりはありません。

愛犬が好き好んで口に入れ、毎日健康なうんちをしていることを目で確かめて、
ドッグフードを与えるようにすればいいのではないかと思います。