犬

危険なドッグフードとは

市販されているドッグフードには沢山の危険なものが混入されていることがあります。
例えば添加物であったり、安いドッグフードというのは4Dと呼ばれる原材料を使って
作られていることも少なくないのです。

この4Dというのは、
「DEAD(死骸)」・「DYING(死にかけの動物)」・「DISEASED(病気にかかった)」・「DISABLES(障害のある動物)」
この頭文字の4つのDからきています。

少しでもペットフードを安く量産するために、
売り物にならない動物の肉を加工して作られていることが多いということです。

このような死掛けだったり病気を持った動物から作られたフードを人間が食べることが出来るでしょうか?
生き物に食べさせる=人間も食べることが出来るという方程式が、成り立たないものを食べさせるのが
本当に動物にとって幸せなことなのかと考えてみてください。

ドッグフードには人間が食べる食物のように厳しい規制がありません。
基準などもありません。
パッケージを見てもわかりますが、どのような肉をどのくらい使用しているのかということも、
明確には記載されていないのが現状です。
ですから、どのような原材料をペットフードに使用したとしても、だれも咎める人はいないのです。

愛犬に食べさせるドッグフードですから、
自分の食べることが出来ると思えるような内容物のものを選びたいと思うのは、当然の気持ちでしょう。
防腐剤がたくさん混入されているものも、当然愛犬の体に負担をかけてしまいますし、
防腐剤などは体に良くないものですから、そのようなものを毎日摂取することは、
寿命を縮めてしまう可能性もあります。

だからといって、ドッグフードが絶対に悪いというわけではありません。
内容物や原材料がきちんと管理されているドッグフードも現在ではたくさん販売されていますから、
ご自分の目でしっかりとパッケージの表記を見たり、ドッグフードを製造している会社のホームページで
確認したりするという手間をかけることによって、きちんとしたドッグフードを探すことも可能です。

現在の日本にはたくさんのドッグフードを製造販売している会社がありますので、
ご自分の愛犬に本当に与えたいと思える安全なドッグフードを探すことも心がけましょう。
愛犬にあった安全なドッグフードを探すにはいくつかの口コミサイトやランキングサイトも参考になると思います。