犬

ドッグフードは何を基準に選ぶ?

現在の世の中には様々な種類のドッグフードが販売されています。
このドッグフードを選ぶ基準はどのように考えればいいのでしょうか。
値段で選ぶのがいいのか、それともドッグフードに含まれている成分で選ぶのか。
犬種で選ぶのか。様々な選び方があると思います。

まず第一に考えなければいけないのは、ご自分の飼っている犬の大きさです。
小型犬であれば小型犬用を選ぶ。
中型犬であれば中型犬用を選ぶ。
大型犬であれば大型犬用を選ぶという風にです。

小型犬の基準は大体 8キロくらいまでの犬だと思っていただければいいでしょう。
中型犬の基準は大体 8キロくらいから12,13キロまでの犬を総称します。
大型犬の基準は12,13キロ以上の犬だと思えばよろしいかと思います。

犬の体の大きさによって必要な栄養分が変わってきますので、
ご自分の愛犬の体重をきちんと図ってあげることで、
その犬に必要な栄養素を含んでいるドッグフードを選んであげることが可能なのです。

ですから、ドッグフードを選ぶ基準の中でまず第一に必要なことは、
犬の大きさに見合ったドッグフードを選んであげることなのです。

次に何を考えればいいでしょうか。
ドッグフードに入っている添加物のことを考えなくてはいけません。
犬の種類によっては皮膚疾患が出やすい犬種や、心臓病などになりやすい、
あるいは肥満体質の犬もいます。

市販で販売されているドッグフードには、日にちを持たせるための防腐剤が
たくさん混入されていたりすることもあります。

防腐剤は生き物にとって悪いことはあってもいいことは一つもありません。
なるべく防腐剤などが入っていないドッグフードを選んであげることが大切です。

さらには、愛犬の体調にあったドッグフードを探してあげることが必要不可欠です。
心臓病や肝臓病、腎臓病や尿道結石など、犬は人間とほとんど同じような病気にかかります。
病気にかかってしまった時には、その病気を治すため、あるいはサポートをしてくれる
ドッグフードが販売されておりますので、そのようなドッグフードを選ぶようにしましょう。

愛犬の体調管理は飼い主にしかできません。
飼い主が愛犬の毎日の生活の様子を観察し、その子のウンチなどの状態なども見ながら、
毎日食べさせるドッグフードを選んであげるようにしてください。